myu's CINEMA

映画を観ての三文コラムとか色々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トランスポーター 

□原題    LE TRANSPORTEUR

□監督     ルイ・レテリエ

□出演     ジェイソン・ステイサム

         スー・チー

         マット・シュルツ

         フランソワ・ベルレアン

□製作年   2002年

□製作国   フランス

□上映時間  93分





<review>

自ら課したルールに忠実なオトコ

彼の名前はフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)

黒のスーツに身を包んだ男は超cool.

訳ありの荷物を運ぶ仕事をしてる。



そのルールとは

Rule No1.質問はしない

Rule No2.依頼品をあけない

Rule No3.その二つのルールを破った時は死


銀行強盗の運転手の仕事を請け負うが、

犯人チームの人数が一人多い事に気づき

銃を頭に突きつけられながらも

契約事項違反を頑として受け付けないcoolな態度はプロフェッショナル。




しかしフランクはルールを破ってトランクを開けてしまう。


出てきたのは可愛い美女!ライ(スーチー)




ジェイソン・ステイサムのアクションはかっこいい。



形がカッコいいのよ。様になってる。ちょっと斜に構えたときのポーズとか

「燃えよドラゴン」のブルース・リーに似てるんだな。

きめのポーズが絵になっててしびちゃう。



頭は薄いけど決してマイナスポイントにならないってのを男の人は覚えておいてね。

それにひきかえスーチーパパの頭はかつらなのかしら?

ちょっと気になってしまってしまった。

やっぱり隠そうとしたらダメなのね。




スー・チーは喜多嶋舞sanと上戸彩sanを足して2で割ったみたいで可愛いいが

ちょっとうるさいのがたまに傷。

見てる私をちょっとイライラさせるがそれがそれも上手な演出といえるかもしれない。



フランクという男。実は優しいんだな。

スーチーの口にストローを付けてジュースを差し出すシーンなんかは

仕事に忠実なだけの冷たい人間ではない優しい一面を持ったフランクの人物像が

表現されててとっても素敵だこと。

coolだけど優しいってのはしびれるんだよね^-^




この映画の最大の謎はなぜ荷物をあけてしまったのかということだが、

開けないと映画にならないのは分かるけど、

開けなければならない理由づけが欲しかったかな。

ちょっと安易だったような気がする。

あのシーンをもっと練ればプロフェッショナルな運び屋をより強調できたと思うのだが ...

とは言うものの

ストーリーの細かいことは問答無用のアクションシーン満載で

とても楽しい映画なのです。



ニースの風景は最高!









それじゃchaoooo.



ポチッとしてくれたら嬉しい↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
人気ブログランキング
fc2ブログ
スポンサーサイト
[ 2008/06/01 09:45 ] 映画《た行》 | TB(0) | CM(0)

最高の人生の見つけ方-シネコン鑑賞- 

□原題    THE BUCKET LIST
□監督     ロブ・ライナー
□出演     ジャック・ニコルソン
         モーガン・フリーマン
         ショーン・ヘイズ
         ロブ・モロー
□製作年    2007年
□製作国    アメリカ
□上映時間   97分
□公式サイト  「最高の人生の見つけ方」


<review>
ハリウッドの素晴らしさはこんな初老の二人を主演にすることが
できるとこにあるかもしれないね。
最もジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの
二人が当代きっての名俳優だからこそですが。

ストーリーは「余命半年」と宣告された二人が人生で遣り残したことを
リストアップし、実行していくのです。



今までのお互いの人生にまるで接点のなかった二人、
まるで性格の違う二人が偶然ベッドを隣にして、「余命半年」と宣告される。
最初は「なんだ、こいつは」なんて思いながらも、
徐々に親近感を覚えてまるで運命共同体のように
次々に金にものをいわせてやりたい放題。

uuuuうらやましいぃ(^o^)

いつになってもしたいことをするのは気持ちのいいものなんだろうね。
常日頃、仕事、勉強、家庭に縛られてる現代社会の人々が忘れてる
「楽しむ」ってことを教えてくれたような気がする。

人はみな満たされない欲求を抱えてるが
それを実行していく姿は二人の名演によって嫌味がなくかえってすがすがしさを感じてしまった。

いちゃもんをつけるとすればカーター(モーガン・フリーマン)が妻をおいてあまりに簡単に
エドワードと旅に出たことかな。
もう少し心の葛藤をスクリーンで醸し出せたらよかったのにって思ったよ。

そんなこと突然いわれたも戸惑うばかりで
「あんた、何考えてるの」ってなるよ。 男と女の違いなのかしらん?
u~n気に入らないけどしょうがない。

「世界一の美女とキスをする」は確かに世界一だね。
誰も勝てません(^-^)

それじゃchaooo.

PSポチッとしてくれたら嬉しい↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 人気ブログランキング fc2ブログ
[ 2008/06/03 01:21 ] 映画《さ行》 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。